ITANDI TECH BLOG

イタンジのスタッフブログです。イベントや技術情報などを発信しています。

cakephpを窓から投げ捨ててrailsを採用しました

4/30追記:理由を書いてみたら長くなったので別エントリにしました

はじめまして、@mikedaと同じく4月からイタンジにジョインした横沢(@yoko_net)と申します。

個人的にもブログをやっているので、何を書くか悩んでいたのですがこちらには主に業務や会社についての話を書きたいと思います。

さて早速私の業務についてですが、私はあるプロダクトの完全リニューアルを行うプロジェクトを担当しております。イタンジでは既存プロダクトはすべてcakephpで作られているので、リニューアルプロダクトも当然のようにcakephpで開発を進めておりました。

開発を進めて三週間ほどでしょうか、全員の意見が一致した事によりcakephpの採用はやめて、今後はrailsを採用する事が決定しました。三週間書いてきたcakephpのソースはタイトル通り窓から投げ捨てました。最初の三週間はどちらかと言うと設計をメインで進めており、書いてる部分はそこまで大きく無かったのが唯一の救いです。

そもそもイタンジの採用サイトでは当初「cakephp使ってるのでphp分かる人募集」と書いてありました。現在所属しているエンジニアは例外なく、採用試験時に「php分かります!」と言って入ってきたわけです。にも関わらずcakeどころかphpそのものを不採用、全く持って異端児エンジニア揃いであると言わざるを得ません。

cakephpを不採用にした理由は色々とあるのですが、個人的には今のタイミングでcakephp2.xを使い始めるのは全くもって良い選択とは思えません。これ以上書くと炎上するかもしれないので省略します。どうしても理由を聞きたいor物申したいという方は是非オフィスまでお越し下さい。ドリップコーヒーをいれますので心行くまで語り合いましょう。(私はコーヒー苦手なので水を飲んでいますが。。)

今日まで一週間ほど慣れないrailsを書いてきて、やっと少しはマシになってきました。ちょっと書けるようになるとすぐに感じましたが、rubyは楽しくていいですね、最近お気に入りだったobjective-cを彷彿とさせる部分もありモニターをニヤニヤ見ながらコーディングをしております。

というわけでイタンジ株式会社ではrubyを書くと思わずニヤニヤしてしまうエンジニアを募集しております。(既存プロダクトはphpで動いているのでphpも触れます)

次回はもう少し中身のあるネタを書きたいと思います